うる星やつら デジタルリマスター版

こんにちは、
よしおです。

動画配信サービスのU-NEXTで、『うる星やつら デジタルリマスター版』の配信が始まりました。

やったー!

Amazonプライムのレンタルで観ることが出来ましたが、U-NEXTなら見放題です。

二話ずつ入っている約26分。

第一話は、ラムちゃん登場。
地球の存亡を賭けて、ラムとあたるの鬼ごっこ。

あたるが、ラムの角を掴むことが出来れば、地球は救われる。

そして最終日、あたるの作戦勝ちで、ラムの角をつかむことが出来る。
ちらっと、ラムのトップレスが観られる貴重な第一話です!

U-NEXTでは、31日間無料トライアルから始められます。


『うる星やつら』デジタルリマスター版

高橋留美子劇場 専務の犬

こんにちは、
よしおです。

『高橋留美子劇場』2の第一話は、「専務の犬」というお話です。

普通のサラリーマン家庭の小暮一家が、専務の犬を預かることになりました。
大型犬のゴールデンレトリバーで200万円もする犬とか。

しかも困ったことに専務の愛人の犬なのです。

その愛人が、専務夫人に存在が知られそうなので引っ越すことになり、新しいマンションが見つかるまで預かって欲しいという無理な願い。

いまならパワハラということになりそうですが、その専務というのが小暮さんのだんなの学生時代の友人で同期入社。

ところが社長令嬢を見初めて出世したのでした。

人がいいというか気の小さい小暮さんは、結局預かることに。
しかし、その後専務の愛人が住み込みだしたり、専務夫人が乗り込んできたりとドタバタの舞台となります。

その度に犬は、その家の中で一番力のありそうな人に懐くのが面白い。
そして最後、専務、専務夫人、愛人、そして小暮夫婦が揃った修羅場で犬が懐いたのは!?

サラリーマンの悲哀と気骨を感じさせる佳作です。




高橋留美子劇場2 専務の犬

高橋留美子劇場2 専務の犬

高橋留美子 劇場 Pの悲劇

こんにちは、
よしおです。

『高橋留美子劇場』1の第一話は、「Pの悲劇」というお話です。

ペット禁止の団地で、夫が取引先のお願いだということで、1週間の約束でペンギンを預かることにありました。
ところが自治会にはペット禁止に絶対反対の立場の急先鋒、筧さんの奥さんがいるのです。

この物語のオープニングは、この筧さんにいびり出された?という飼い犬を抱っこしたおばあちゃんの引越しから始まります。

いかにも憎らし気な筧さんとペンギンを預かることになった羽賀家とのドタバタです。
その家族には、小学生の男の子がいます。
しかも羽賀さんの息子と筧さんの息子は同級生。

そして羽賀君は、小学校で同級生の男の子たちにペンギンの話をしてしまいます。
翌日、押しかける小学生の男の子たち。
しかの筧さんの部屋は羽賀さんの部屋の真下なのです。

さあて、筧さんと羽賀家はどうなるのか!?

そして、筧さんの息子から意外なことを聞いた羽賀さんの奥さん。
そこで筧さんの奥さんの意外なことを聞いたのです。



高橋留美子劇場1 Pの悲劇

高橋留美子劇場1 Pの悲劇

うる星やつら 動画

こんにちは、
よしおです。

『うる星やつら』の主人公のあたるは、ダメ男のイメージが定着した感じがありますが、なかなかいい男です。

芯は、愛に溢れる少年で、僕が好きなのは、みんなが気持ち悪がる芋虫を
将来キレイにある蝶だと大事に育てることです。

女性たちに優しいのもその博愛主義だからでしょうか?

それを見抜いているラムは、どんなにつれなくされていてもあたるが好きなのです。

Amazonプライムでは、『うる星やつら』のデジタルリマスター版が視聴できます。
一部のストーリーは、100円ですが、楽しめますよ。

インベーダーの鬼の女の子、ラムが父親の婿探し作戦にまんまと引っ掛かり、地球へやってきた。
ラムの父は、地球を脅かして無条件降伏と引換に娘ラムの婿候補争奪戦を提案。

しかし、婿候補の男はラムの頭の角に触れなければならないのだ。
事の弾みで女の子には異常なほど興味を持つ諸星あたるが選ばれた。
ラムの電撃ショックにもめげず、ついに角に触れるあたる。

婿として認められたあたるの尻軽はラムの嫉妬を買い、友引高校と世間を巻き込み電撃ショックの嵐を展開、話はますますエスカレート…。




高橋留美子 人魚シリーズ 第一話

こんにちは、
よしおです。

『うる星やつら』は、筒井康隆的ドタバタSFコメディー、『めぞん一刻』は、ラブコメ青春ストーリーと高橋留美子の漫画は、明るくワクワクドキドキする作品が魅力です。

一方、人生の深淵を覗き込むようなビターなものにも魅力的な作品があります。
それが人魚シリーズです。
高橋留美子の「人魚」は、不老長寿をテーマにした哲学的な作品です。

第一話は、500年前に偶然手に入れた人魚の肉を冗談半分で食べて不老長寿になってしまった主人公湧太と真魚の出会いを描いたお話です。

「人魚は笑わない」

隔絶された恐怖の女村の話。
湧太がたどり着いた道のない岬の村に住む女たち。

なぜかみんな同じ顔をしています。

しかし、その中でたったち一人足枷をされた若い女性がいます。
それが真魚でした。

よそ者を拒絶する村に隠された恐ろしい真実はなにか。



人魚シリーズ第一話『人形は笑わない』

ご購入はこちらから>>>

第一話あらすじ
若者であふれる真夏の海辺を、薄汚い格好をした男が地図を手に歩いていく。その男、湧太の目的地は野摺崎。
そこは、険しい山と岩壁ばかりの海岸に囲まれた秘境であった。

湧太は、500年前に人魚の肉を食べ不老長寿になった体を元に戻してもらうため、人魚を探す長い旅を続けていたのだ。

湧太が山中に分け入っていくと、そこには人知れず、しかも女だけが隠れ住む村があった。
女たちは、なぜか真魚という少女に足かせをはめ、監禁するように育てていた…



ご購入はこちらから>>>